• ホーム
  • デトックス効果が期待できるアーユルヴェーダなら肌質改善も期待できるのか

デトックス効果が期待できるアーユルヴェーダなら肌質改善も期待できるのか

マスクシートを使用している女性

これといって悪い所は無いのに肌の調子が悪い、しっかり休んだはずなのに体が思い、そうした不調を覚えた時、原因として考えるのが老廃物の蓄積でしょう。また、老廃物の蓄積だけでなく、毒素の蓄積もこうした不調の原因になるのです。その中には食品添加物はもちろん、時として化粧品の防腐剤もありますし、最近では香り付きの生活用品に含まれる化学物質や過剰な抗菌剤も毒になっている可能性があります。そのため、体に蓄積された毒素の排出を目的としたデトックスは、体調や肌質改善のために注目されている考えの一つです。

アーユルヴェーダは人間の体にはスロータスと呼ばれる管が通っていると考えており、この中には血管や腸管だけでなく、皮膚に直結する汗腺も含まれています。そして、そのスロータスにアーマと呼ばれる毒素が蓄積することにより、不調が起こるのです。そんなアーマが生じる原因は、アーユルヴェーダにおいてアグニと呼ばれる消化能力が低下していることです。このことから、アーユルヴェーダにおけるデトックスの一つは、アグニを活性化させ、アーマを作らないことと考えられています。

しかしながら、蓄積してしまったアーマは早急に排出する必要があります。この時に役立つのが、日本でも広まっているアーユルヴェーダのオイルマッサージです。このオイルマッサージはアビヤンガと呼ばれるものが基本になっており、本来は下剤を用いる腸のデトックスの前に行われ、老廃物を蝶に集める役割を果たします。日本では下剤を用いた処置は行われていませんが、このアビヤンガをもとにしたオイルマッサージだけでも、老廃物の排出は促されます。

このオイルマッサージによって老廃物の排出が促される理由は、用いられたオイルが粘着性のあるアーマを柔らかくし、汗腺からの排出を促してくれるからです。保湿性の高いオイルは保温性も有り、マッサージの刺激とともに血流を改善するので施術後には汗ばみます。デトックス効果を高めるためには、施術後にスチームバスなどでよく汗をかくことが良いとされています。アーユルヴェーダによる肌質改善を目指すのであれば、定期的に施術を受けることが大切なポイントです。加えて、オイルマッサージはアーマを腸に集めるアビヤンガに基づく施術なので、定期的に施術を受けるとともに、腸に集められたアーマの排出を促すために、日ごろから腸内環境をよくすることも肌質改善に見落としてはならないポイントです。